逮捕前と逮捕直後に注力する刑事事件弁護士事務所

当弁護士事務所は、逮捕前と逮捕直後の刑事事件に注力しており、逮捕阻止・不起訴を目指す弁護活動を行っております。前科が付かない結果を目指し戦略を立てるためには、逮捕前から弁護士が対応しておくことが重要です。まずはお電話にてお問い合わせください。

弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

刑事事件SOS

刑事事件SOS 東京永田町法律事務所 刑事事件SOS 東京永田町法律事務所 刑事事件SOS 東京永田町法律事務所 刑事事件SOS 東京永田町法律事務所 刑事事件SOS 東京永田町法律事務所 刑事事件SOS 東京永田町法律事務所 刑事事件SOS 東京永田町法律事務所 刑事事件SOS 東京永田町法律事務所 刑事事件SOS 東京永田町法律事務所

罪名別ガイド

刑事事件での弁護士の活動といっても、事件によって対応の仕方は様々です。
どんな犯罪で逮捕されたかにより、弁護活動が異なります。逮捕罪名別に、量刑事情・取調べ方法・示談金相場・弁護方針などをご紹介します。

よくある質問まとめ 罪名と刑事訴訟法について

罪名別Q&A

罪名別、逮捕時・逮捕後の詳細や量刑などについてのよくある質問まとめ

刑事訴訟法Q&A

事件の発生から刑事訴訟・裁判などについてのよくある質問まとめ

出張相談について

出張相談お受け致します!

出張相談・初回接見・ご報告までを即時対応!

神奈川・千葉・埼玉の方限定
出張相談+初回接見
お受けいたします!

ご来所が難しい方のため、
弁護士がご指定の場所に伺い、
刑事相談をお受けいたします。

※ただし、ご来所を原則としておりますので、
所定の出張日当のご負担をお願いしております。
事件を受任となった場合には着手金に充当致します。

※ご家族が逮捕・勾留中の緊急案件限定 0120-777-132

東京永田町法律事務所のつの公約

受任前の相談や受任前後の接見要請などには即日対応

刑事事件はスピードが命!
東京横浜埼玉千葉のほか、関東近県へアクセスのよい永田町に事務所を構え、お電話をいただいたその日に弁護士が即日で相談を伺い、すぐに接見などの初動活動。
多くの刑事事件で、お電話をいただいてから2時間以内に弁護士が事務所でご相談をお受けしています。
受任後の接見要請
にも弁護士が原則、即日対応。

被疑者やご家族とのコミュニケーションに時間をかけます

刑事事件に明るくないご家族に弁護士が丁寧に刑事手続をご説明し、事件についてのお話をじっくりと伺います。またどんなに小さなことでも、刑事事件に動きがあるたびに弁護士より迅速にご家族にご報告します。
依頼していた弁護士の弁護活動に不満で、東京永田町法律事務所に相談に来られた結果、委任していただいた依頼者も多くいらっしゃいます。東京永田町法律事務所を非常に高く評価していただいた理由の1つとして、「どんな弁護活動をやってもらっているかが明確になった。」という声を聞きます。

根拠を示します

逮捕・勾留されている方のご家族(配偶者、親、子、祖父母、孫、兄弟姉妹)からのご相談には無料で対応。報酬体系は明確にしています。




刑事事件弁護に対する思い

初めて会う被疑者が訴える無実の叫びが信じられるか

痴漢事件で被疑者が逮捕された直後の接見で、冤罪の訴えを聞きました。
被疑者が女性からの金品要求を断った後に、痴漢被害の叫びを聞いた通行人に現行犯逮捕されている刑事事件でした。
明日は裁判官による勾留質問の日。否認事件の勾留請求はほぼ認められます。
保釈請求が認められたとしても、勾留が認められれば逮捕から23日間以上は留置される可能性があります。
会社を首になるのは絶対に避けなければいけませんが、風邪を理由に欠勤するにしては長すぎます。
警察は認めたら出られると自白を迫っています。早く職場復帰するために自白をするべきか。
被疑者とともに一晩中悩んだ末、冤罪を理由に勾留決定を出さないように求める意見書を裁判官に提出しました。
勾留は認められず、被疑者は釈放されました。

その後、被疑者は不起訴処分を受けています。

根気強く・周到な弁護が最良の結果を生む

刑事事件弁護の東京永田町法律事務所

霜の降りる寒さの中、遠方の警察署へ連日通いました。
逮捕は暮れも押し迫る師走の半ば、自動車運転過失致死被疑事件でした。
自損事故の目撃者として通報した被疑者は逮捕され、勾留されました。
誘導尋問を受けて事実と違う内容を話した結果、被害者の進路妨害をして死亡させたと疑われたのです。
有罪判決が出れば被疑者は職業上の資格を失います。
逮捕直後の接見での打ち合わせの結果、完全黙秘を貫くことに決めました。
虚偽の自白を強要され続けた被疑者は、逮捕に続く20日間の勾留期間を頑張り抜きました。


クリスマスも大みそかも元旦も、家族と引き離されながら耐えました。
年が明けて空が澄み渡った松の内の午前中に、被疑者は釈放されました。

その後、被疑者は不起訴処分を受けています。

被疑者とともに戦い、無実を守ること

裁判での無罪率は1%を切ります。しかし統計データの説得力は、目の前の被疑者が叫ぶ冤罪の訴えの前では無力です。実際に逮捕された瞬間、1%は100%に変わり得ます。

被疑者の言葉を信じる勇気をどれだけ持てるか。
接見室のボードを挟んで、いかに被疑者と心を通わせるか。

事件から大いに学ぶ毎日です。

無料相談窓口